KATOMANZ blog

アコースティック・ロッキン・コーラスグループKATOMANZのブログ

2015/12 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2016/02

KATOMANZROCK

Author:KATOMANZROCK
FC2ブログへようこそ!

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/01/21(木) 01:53
音楽
久しぶりに聴いてみた

ウチのレコードプレイヤーはちょっと使いづらい位置にあるので普段あんまり使わないんだけども今日どーしても聴きたくなったレコードがあって電源いれてみたところ
s-IMG_2921.jpg


s-IMG_2922.jpg

いやー、その昔CDが出始めてからハードも進化しそれに」伴いリミックス版もどんどん出回り超低音から超高音まで満遍なく提示されまして、じつはこんなことも弾いてたんですよ、などとレビューにのったりするんだけど隠し味をお日様の元に出してどうするんですかとはつねづね思ってたんだがアナログ盤はまあるくって良いですね。リミックス版ではカツオブシがまるまる顔を出してんだよね。てことが多いんだよね。

写真もデジタルとンネガでは扱いがだいぶ違くて、昔個展をやる時にネガをプリントしようとしたらうまくいかず結局ネガをスキャンしてフォトショップでいじって出力したら大変キメこまかいものが出来上がったんでした。

おっと言ってることが真逆になってしまいましたね。

なぜかな。

今レコーディング中でいろいろ悩む新春の日なんすね。

どのギターを使おうか。

s-IMG_2924.jpg

s-IMG_2923.jpg



スポンサーサイト
コメント:0 トラックバック:0
2016/01/15(金) 13:52
音楽
ちくわ朋彦というシンガーが亀有・キッドボックスでオープンマイクを主宰している。
以前あるたいのライブにゲストで来てくれたひとです。

きのうのリハ帰り、ナオトマンと半年ぶりくらいに行ってみた。
s-IMG_2845.jpg

珍しく女性がいるではありませんか。京都のひとで伏見を題材とした曲など唄ってた。


ここはそこいらのオープンマイクと違いまさに切磋琢磨、という言葉がぴったりの、修行の場と言って良いでしょう。

とはいえ堅苦しいわけでは全然なくエロトーク満開なのだが(しかも中年の遠慮無用の!)



女性があまり来ないわけですね。サニーちゃんエライ。



さて、リハでやった曲をさっそく試すもスタジオで延々とやったアウトロはガタガタで、あの2時間はなんだったんでしょうね。

「まあそんなもんですよ」と軽く慰められる。うう、悔しいぜ。

ナンムロウルゥエを鍵やさんのパーカッションと共に演奏、これは楽しかった。

s-IMG_2847.jpg
リタイヤされた元中学校の先生はやわらかいが骨のある歌声を聴かせてくれた。
s-IMG_2846.jpg

これはクラブ活動みたいなもんだからクラブ活動らしく夏に合宿をやろう、と盛り上がる。地元のミュージシャンも交えてやりたいな。海がいいな。

コメント:0 トラックバック:0
2016/01/09(土) 03:16
life
新年明けて(早くも)1週間

年越しライブの映像をみました。

ナニをやったか覚えてないんだけども、と思いながら観てましたらリハではまったくやらなかったことがポンポンと出てきており功を奏していたりいなかったり

改めて、その時その場所でしか出て来得なかったこと、混沌の現場でしか生まれないことなど、近頃貴重な体験をさせていただきました。

こいつは暮れから縁起がいいわい。

そんなカトマンズ、1/11成人の日下北沢LOWN
w/続・荒野の水槽楽団

1/23土曜日阿佐ヶ谷OIL CITY

新年会でございます。初めての方もそうでない方も、お待ち申し上げております!!

s-プチライフ 015
コメント:0 トラックバック:0
2016/01/05(火) 12:42
life
年末年始の飲み食いでやや太りです。

昨年はライブの場所や良いミュージシャンに出会う機会も多く恵まれた年でした。

ライブ収めにあるたい、カトマンズ初の年越しライブとなりました。
IMG_2388.jpg

その前にペチコートレーンで餅ついて景気もつけて
IMG_2369.jpg
IMG_2356.jpg

お客さんの提案でカウントダウンはやめ、曲の最中でも新年になった瞬間に演奏をやめてカンパイする、という趣向
IMG_2480.jpg
IMG_2479.jpg

音楽をやりながら年を越すとはなんという幸せ、共にすごしてくれたお客さん本当にありがとう。
IMG_2393.jpg


ところで地方によく小さなミュージアムとはいかないが興味深い展示をしてるとこがありますね。


秘宝館とか樵の蝋人形で昔の暮らしを紹介してる施設とか、個人の金持ちが趣味全開でやってるとこが特に面白く僕は「俺様博物館」と呼んでいるのですが(下田にどーんとでかい城を建てて下田城と称し、唐人お吉の入浴蝋人形やユリ・ゲラーのサインその他フシギなものをかざってあるとこは秀逸であった。が、最初場所がわからず観光課で尋ねると「あー、あれは・・・」と口をにごされたのもポイント高かった)


群馬に国定忠治の宿場町、隣接してジャパンスネークセンターがあるというので行って見ました。北千住から特急で1時間ちょっと


やはり出た蝋人形

IMG_2443.jpg
かなり美人で吸い寄せられそうである
IMG_2441.jpg

ここでは現代の通貨は使えず一文銭に両替する
IMG_2439.jpg


IMG_2445.jpg

洞窟などもあったが今回パスして

こちら
IMG_2435.jpg
IMG_2447.jpg



蛇のことならなんでもわかる立派なとこだがかなりの昭和感、俺様度高し
IMG_2454.jpg
IMG_2450.jpg
IMG_2449.jpg

コブラと戦う妖しい女発見
IMG_2456.jpg

特筆すべきはベンチの脇にはかならず灰皿があること。テーブルよりもまずは灰皿で公共施設にこれほどの灰皿は昨今貴重であります。

観音様
IMG_2465.jpg

これでいて機関紙なども出しておりちゃんと研究もしている、フトコロの深い施設であった。
IMG_2488.jpg

IMG_2489.jpg

IMG_2491.jpg

IMG_2490.jpg


夕日もよかった。藪塚温泉郷であります。
IMG_2464.jpg


コメント:0 トラックバック:0
QR



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。