KATOMANZ blog

アコースティック・ロッキン・コーラスグループKATOMANZのブログ

2017/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/05

KATOMANZROCK

Author:KATOMANZROCK
FC2ブログへようこそ!

2013/05/12(日) 00:42
NAOTO-MAN
最近、中央線沿いでよくライブしたり飲んだりする。前にもブログにかきましたが、二十歳のとき高円寺南口でエスニック雑貨を売りながらリングのサイズ直しをするバイトを一年くらいやっていました。もう懐かしすぎてなんにも思い出せないが、ふと思い出すのは下町のような気さくさ。お洒落感としみったれた感の中にベッドタウン的落ち着きが隣り合わせにある独特な街の空気。不思議なのは中央線沿いは似た匂いがするんです。臭くて落ち着く変な匂いがあるんです。臭いのになぜか品があり、都会的なのに下町の匂いがするカオス感は上京したての大学生には心地よい。同棲カップルも然り。飽きさせないガード下の呑み屋。じいちゃんが営む定食屋。昭和な喫茶店。パンクな服屋。エスニックな雑貨屋。マニアックなレコード屋。チェーン店の居酒屋。混沌とした商店街に点在するライブハウス。だからなんなのか。何が言いたいかは分からないが、昨日の阿佐ヶ谷ハーネスもまた良い。店の近所のコミュニティストアにタバコを買いに行くと、明らかに勤務外のおじいさんがカウンターの隅に座っている。品揃えが充実していたので、「珍しいのがいっぱいありますね〜」というとじいさん「そう、コンビニだからね!」と、迷いの無いえらく得意気な言葉をはなつ。。。眠いので寝ます。また後日。今日ラジオで聴いた吉澤嘉代子さんの曲が良かったのでYouTubeみて寝ます。風呂に入ってから。




s-DSC06256.jpg
「カトマンズの好きなもの」に登録決定。
スポンサーサイト
コメント:0 トラックバック:0
2013/02/13(水) 01:34
NAOTO-MAN
いつの頃からか、好みと相性というのはなかなか合致しないものだと心得ている。先日のこと、連休の前の仕事終わり、さて何処へ遊びに行こうかと思い、ふと職場近くに新しくオープンした、新鮮な牡蠣を売りにした立ち飲み屋のことを思い出す。何を隠そう牡蠣に目がない私は、行かない理由が見当たらないので、早速仕事終わりに後輩を連れパチンコの玉のごとく入店。入るや否や牡蠣と酎ハイを注文。店主が訊ねる。牡蠣は生でお召し上がりですか?私は実を言うと牡蠣が好きだが生牡蠣で3回ほどあたったことがある。迷うこと無く、焼き牡蠣でお願いしますと頼むが、頑固な主人は、うちの牡蠣は何しろ生がオススメだよと食い下がる。押し問答の末、焼きで落ち着いたものの、数分後に出てきた焼き牡蠣は限りなくレアに仕上げられている。一瞬躊躇いはしたものの、湯気たつ旨そうな香りとプリッとふくれた牡蠣を見るなり一気に口の中へほうばる。こいつは思った以上に中途半端な焼き具合だと若干引きつつ、走馬灯のように様々な思いが頭をよぎる。しかし、連休前ということもありあまり気にせず食べ続け、満足の末帰宅、就寝。翌朝起きても何事も無い。牡蠣を食ったことさえ忘れていた次の瞬間、どこからとも無く寒気が体を包み、インフルエンザでも貰ったかななどと思いを巡らせた次の瞬間、止めどないゲロと鼻水と涙。普段出し切れない私が、もうなにも出ないというとこまで出し切り、変な声が漏れる。便器にへばりつきながらやっぱり牡蠣だと確信する。うがいして水を飲むが全部吐いてしまう。それはもうマーライオンのように。このキツさは酒やめてもいいってそのときは素直に思えるくらいその瞬間は改心する。何度味わっても辛い。もう牡蠣なんて食わないって言わないよ絶対。と意味不明な槇原敬之の歌が便器にしがみつく私の頭の中をぐるぐると回る。どんどん具合が悪くなり、次第に足裏の筋肉がこむら返り状態になる中、携帯で食中毒の対処法を調べる。するとどうやらこれは脱水症状らしく、治りを遅らせるらしい。しかし水は一切受け付けないマーライオン状態なので、なんとかせねばと調べた結果、経口補水液なるレシピを発見。フラフラしながらも完成。早速ちびちび入れてみることにしたが、これが決して美味しいものではないが、不思議と飲み続けてもマーライオンにならなくなった。もうこの話やめます。
コメント:0 トラックバック:0
2013/02/02(土) 23:21
NAOTO-MAN
昨日は中野に着くや否や、ミーティングを行うために、まず立ち飲みおでん屋に入りました。あーでもないこーでもないしながら転がり込んだ昨日の南国居酒屋amanは、リゾートのようでいて、家に帰って来たかのような、それでいて同窓会の雰囲気を纏った、そんな唄の宴。日常と非日常のバランスを見事にチューニングできたのではないだろうか。いや、ある。昨日のライブはといえば、昨年の暮れに一人ふらふらとamanに飲みに行ったときのこと、aman店主でtheharerockの唄人のたっくんが作ってくれた芋お湯割りから始まったと言っても過言ではない。その日はたまたま体が空いたので、amanの目と鼻の先にある沖縄居酒屋あしびなへ、田口という男に会いに行ったのがそもそもの目的であった。道すがらamanがあるので寄らない理由が見当たらなかったわたしは、パチンコの玉のごとく店内へ吸い込まれる。それから小一時間amanのカウンターにへばりつき、たっくんの作る芋お湯割りに舌鼓を打ち、そこで年明けなんかやろうと話しているところに、今回の主催の丸さんがやって来て、今日に至る。楽しい夜、みんなありがとう。合掌

コメント:0 トラックバック:0
2013/01/30(水) 23:46
NAOTO-MAN
今日は仕事帰りに用賀の蕎麦屋へ。瓶ビールと揚げ茄子とさつま揚げ。2月1日はアマンでライブ。中野北口アーケードを一本入れば、、、ジブリ
コメント:0 トラックバック:0
2013/01/30(水) 15:12
NAOTO-MAN
ここのところの暖かさに、なんだかもう春が来たのではないかという錯覚を覚えながら、ベランダの枯れ果てたゴーヤのツルをハサミでちょん切っている。雑草が生い茂っているかと思いきや、隣の鉢から飛んできたと思われるベビーリーフの群れ。葉っぱを一枚ちぎり口の中へほうばり奥歯でグッと噛み締めるがとても苦い。今日はTシャツでも大丈夫だから、世田谷公園は噴水の周りを囲むようにカップルが寝転び、老人が酒を飲み屯する。ベンチでは会社員とOLがランチを食べている。その光景はさながらジンギスカンかアザラシのビーチ。おっと時間が。2月1日はアマンでLIVE。
コメント:0 トラックバック:0
QR